モノを活かす


2018/08/08

私は整理収納アドバイザーの仕事をする上で、

 

「モノを活かす」

 

ということを大切にしています。

 

自分にとってはもう使わないモノだけど、誰かにとっては必要なモノ。

 

それを繋げることで、モノが再利用されるのはとても良いことだと思っています。

 

そんな思いでずっと続けているヤフオクは15年になりますし、リサイクルショップジュリア札幌店でお洋服のお買取りも学んでいます。

 

先日、お片づけでお伺いしたお客様のお家で不要になったお洋服が数着出てきました。

 

経年だったり、傷みがあったり、汚れがあったりのお洋服でした。

 

特にブランド品ということでもなかったし、状態も良くなかったので、値段はつきそうもないと思ったのですが、某チェーン店のリサイクルショップに持ち込んだら、合計で1000円ちょっとで買い取っていただくことができました。

 

中でもシミがたくさんあったので1円にもならないだろうなと思っていたジャケットが700円だったのです。

 

元々は良いジャケットなので、シミ抜きの技術などがあればまた着用できるということなのでしょう。

 

ゴミとして出すか、多少の手間はかかるけどリサイクルに持っていくか・・

 

その人に合った手放し方があると思いますが、いずれにしても、着ない服をいつまでもクローゼットに押し込めておくよりは外に出した方が良いと思います。

 

お客様にも喜んでいただくことができました。

 

クローゼットに眠っているお洋服、お洋服に限らずあらゆるモノが、思わぬお値段になることがあるかもしれませんよ♪