「空き」を楽しむ


2018/09/17

押入れやクローゼット、靴箱や洗面所・・

 

食器棚や衣類の引き出し、リビングのチェスト・・

 

家の中にはたくさんの収納があると思います。

 

棚だったり、引き出しだったり、収納の形もさまざまだと思います。

 

その収納場所から要らないモノを取り除くと、けっこう空間ができることがあります。

 

それだけ、不必要なモノを溜め込んでいるということですね。

 

 

そこに「じゃあ、何か入れられるね~」と、何か詰め込むのはちょって待って!

 

しばらく、その空間を楽しんでみませんか?

 

収納に空きがあるのを毎日見ると清々しい気持ちになります。

 

空間に余裕があると、心にも余裕ができます。

 

時間に例えるとわかりやすいですよね。

 

心を亡くすと書いて「忙しい」

 

空間も同じです。

 

近い将来、モノが増えてもその「空き」があれば、ちゃ~んと収めることができるという安心感が持てます。

 

いつか来るかもしれない新しいモノを迎える準備ができている。

 

そうすると「欲しいけど置くところが無いのよね~」と困らずに済みます。

 

 

特に高いところはぜひ見直しのおすすめポイントです。

 

高いところにはあまり使わないモノが収納されていることが多いです。

 

そして、高いところは地震の際に落下してくる危険があります。

 

使わないけど、置く場所があるからとりあえず置いていたら落下してケガをした、ということになるよりは、空にしておくほうがいいことだらけです。

 

 

「秋」を楽しむと同時に「空き」も楽しみましょう!